Family Li Imperial Cuisine 厲家菜

Reikasai Ginza 
1-7-7 Ginza Chuo-ku 03-6228-6768
NEWS新着情報

お席

個室・8名  個室・4名  半個室・5名
  4名掛け席・2卓  3名掛け席・3卓  2名掛け席・3卓

 全席禁煙

貸し切りパーティーなどのご予約も承ります。


個室・8名


個室・4名


個室・4名


半個室・5名


4名掛け席


3名掛け席


2名掛け席

歴史と料理の特徴

歴史

厲家菜は厲子嘉を創始者とする中国清朝の宮廷料理です。厲子嘉は清の同治帝、光緒帝時代の内務府大臣でした。当時、御膳房(宮廷の厨房)は内務府の管轄下にあり皇帝と皇太后(西太后)の献立はすべて厲公が査定し、皇帝の体調に合わせて侍医と共に調理に関わっていました。清朝ラストエンペラー・愛新覚羅溥儀が退位すると厲公も宮廷を離れ、皇城内の厲家花園に移り住みました。その際、厲公は宮中から献立書とともに御厨(宮廷料理人)を府邸に連れ帰り、自宅で皇帝の親類縁者を招いて料理を振る舞いました。西太后が召し上がった伝統宮廷料理は次第に厲家の料理「厲家菜」として親しまれるようになってきました。時を経て、厲家は一九八五年に正式に料理店を開店しました。北京の胡同にできた居心地の良い店は評判を呼び、国内外の著名人が訪れる名店として広く知られるようになりました。 二〇一三年にはニューヨーク・GLAM MEDIA社が出版するレストランガイド、FOODIE TOP 100 RESTAURANTSに中国大陸で唯一のレストランとして選出されるなど、開店から三十年以上を経た今日も多くの美食家に支持され続けています。

日本では、二〇〇二年に日本の会社とパートナーシップを結び、六本木店を開店。当時一日三組しか予約を取らない店として話題になりました。銀座厲家菜は二〇一六年六月に、北京本店唯一の海外直営店として銀座にオープンいたしました。四代目厲愛茵が自ら調理、指導にあたっています。

料理の特長

厲家菜は旬の食材を厳選し、化学添加物を一切使用しておりません。医食同源の発想のもと、栄養バランスに配慮し、身体に優しく内面から人を美しくする力を持つ格調ある上品な宮廷料理です。火の加減や調理・調味のタイミング、五味(甘味・酸味・辛味・苦味・塩味)の調和に細心の注意を払い、奥深い味わいを最大限発揮できるように組み立てられています。また、厲家菜の特徴の一つでもある彩り豊かな前菜の数々は、基本五味と季節を感じる食材がバランスよく組み合わせられています。今日の厲家菜は西太后が当時食べていた宮廷料理を再現しています。美味しさをご堪能いただくことはもちろん、美容・健康・長寿にも繋がっている事を知っていただき、奥深い中華宮廷飲食文化をご体感ください。

ご予約・店舗情報

中国府邸菜 厲家菜 銀座
104-0061 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル9階 google map

JR有楽町駅京橋口徒歩6分、地下鉄京橋駅3番出口徒歩5分
地下鉄銀座駅A9出口徒歩5分、地下鉄銀座一丁目駅7番出口徒歩1分

ランチ11:30~14:30(L.O.13:30)
ディナー18:00~22:30 (L.O. 21:00) 日曜定休

ご予約03-6228-6768  WEB予約
ドレスコードスマートカジュアル
お問い合わせinfo@reikasai.jp
Fax 03-6228-6218
Facebook

新着情報

北京本店

北京市西城区徳内大街 羊房胡同11號100009 
Beijing Head 11 Yang Fang Hutong Deshengmen Nei St.
Xicheng District Beijing 100009 China
Tel +8610 6618 0107
厲家菜 銀座にお電話いただければ、ご予約致します。